So-net無料ブログ作成

スピードスケート | EVO新ブレード、シナジー スペリオール

もう年の瀬ですね




もうシーズンの半分が終わりましたね




しかもここにきて寒い毎日ですね。
これから年末年始でメインの競技会がありますが、
強い心をもって取り組んでほしいと思います。





さて、新ブレードのお披露目です。


Synergy sperior1.jpg



メイプルの創設者が立ち上げたEVOのブレードです。
ショートトラックの方で使用率は現在No1じゃないでしょうか。
(まあ、この影響でメイプルが、、、これは今日はやめときましょう)




品質的にはすでに実績がでておりますので、
申し分ないブランドです。




ロングトラックの方での使用者はまだまだ少ないですが、
こちらのブレードの品質も素晴らしいモノです。





このEVOのブレードには2種類あり、
シナジー と シナジースペリオール がございます。
これらの最も大きな違いは、表面加工の違いです。



シナジースペリオールは
パーフェクトストレート や スーパーストレート と
メーカー側から説明されていますが、
要はブレード側面のストレート感がすごいとのことです。




これを実現する為に、
刃を1.3mmで作成し、
その後1.1mmまで丁寧に削り込んでいるとのこと。





これは非常にコストがかかる工程ですので、
想いが伝わるブレードです。







ただ、、、
当ショップで計測する限りは、
サファイアやアイコン、ツインレーザーと
そこまで大差がない側面の歪状況でした。





こちらは1.3mmからの削り込みだけでは歪の除去を
しきれなかったのではなく、
これまでのブログでも紹介してきましたが、
「機械加工の限界」と思います。





この歪をF1なみの精度で除去するには、
手作業でしかできません。
当ショップでは 究極のブレード加工 と表現していますが、
とんでもない時間と労力がかかります。
ただ、その効果は絶大ですので、
「記録にこだわるあなた」は是非やられた方がいいかと思います。






EVOのブレードの話にもどりますと、
じゃあ、このシナジースペリオールは大したブレードではないのか、
と申しますと、そうではありません。
素晴らしいブレードです。





こちらのブレードは1.3mmから1.1mmに削り込むことで
側面硬度がきちんとバラつきなくでています。
この側面硬度がきちんと出る というのは、
スピードスケートのブレードにおいて非常に重要です。





側面硬度がしっかりでているということは、
滑走性も高いと言えますので、
こちらは非常に素晴らしい特性だなと感じました。




サファイアやアイコンもきちんと側面硬度がでていますが、
それと同等以上の仕上がりです。




久々に良いブレードが見れて嬉しくなりました。





ご質問等ございましたら、お電話でも深夜0:00まで受け付けておりますので遠慮なくご連絡いただければと思います。




************************************************************
スピードスケート専門店 Speed Star
店長     : 中山 久美
電話番号   : 050-5534-5640 
(不在の場合はメッセージを残しておいて頂ければ必ず折り返します)
メール     :  info@office-speedstar.com
お得な
メルマガ登録 : http://goo.gl/FRJPR
ブログ    :  https://speed-star20181107.blog.so-net.ne.jp/
ショップURL :  http://office-speedstar.com/
*************************************************************



コメント(0) 

スピードスケート | バイキングの新ブレードの現物調査開始

まあ、、、、
冬ですね、、、



すごく暑い夏があり、
暖かい日がしばらく続いたのですが、
この時期になればしっかり「冬」ですね。



それでもじわじわと温暖化が進み、
深刻な社会問題でもありますので、
些細なことから意識を変えていかないといけないなとも
思わされます



viking-icon-ijzer.jpg


さて、サファイアに続き、
バイキングから販売されたICONというブレードをご存知でしょうか。
形状は長野スプリントと同じ形状です。
ブレードの先端はサファイアやメイプルと一緒で、
チューブ先端までしっかり接氷します。



images.jpg



こちらのブレードをこれからいろいろ調査します。
毎回言っていますが、
ブレードの焼き入れ具合、表面硬度、
チューブの剛性が中心になります。



形状を見る限り、
チューブの剛性がどうかな、、、
と少し不安に思わされる形状です。



またこちらで紹介しますので、
楽しみにしていただければと思います。


viking_icon.jpg


追伸
砥石、サイドストーンをお待ちの皆様、
間もなく入荷しますので、
今しばらくお待ちください!!!





************************************************************
スピードスケート専門店 Speed Star
店長     : 中山 久美
電話番号   : 050-5534-5640 
(不在の場合はメッセージを残しておいて頂ければ必ず折り返します)
メール     :  info@office-speedstar.com
お得な
メルマガ登録 : http://goo.gl/FRJPR
ブログ    :  https://speed-star20181107.blog.so-net.ne.jp/
ショップURL :  http://office-speedstar.com/
*************************************************************

コメント(0) 

スピードスケート | フィギュアスケート、、、凄い、、、

フィギュアの紀平さんやりましたね。
ザキトワに「完敗」に近いコメントを出させての
優勝は本当に素晴らしいと思います。



男子は羽生選手の怪我もあり、
宇野選手も頑張っていたのですが、
残念な結果でした。
身体の切れがあまりよくなく重い感じがするということから
ピーキングにミスがあったのでしょうか。
どのスポーツもですが、
コンディションのコントロールはもはや非常に重要な
「スキル」といっても過言ではないですね




とはいいつつも、
グランプリシリーズで2位は素晴らしい成績です。




紀平選手についてもう少しコメントすると、
浅田選手が引退されて、
後に続くことが難しいと言われており、
有望な選手がいても、
スキルの面で追いつかないことが懸念されていた中、
圧倒的な強さで優勝した今回の成績は
非常に素晴らしいと思います。
スピードスケートの立場からすると、
「羨ましい、、、」と強く思わされるくらいです。





しかし、ロシアの14歳トゥルソワがシニアに上がってきます。
彼女はすでに4回転を成功させており、
4回転-3回転のコンビネーションジャンプまで成功させています。
4回転も数種類成功させていることから、
技術的な面では相当なレベルだと思います。
紀平選手も「4回転」を課題に上げており、
これができないと勝負にならないと感じているのでしょうか。



まだまだレベルが上がる予感を感じられるだけでも
わくわくしますね!!






オランダからの荷物が滞っており、
ご注文いただいた靴やサファイアの替えバネのお届けが遅れています。
大変申し訳ありません。
日本のサービスが以下に素晴らしいかといつも思わされます。




到着しましたらすぐに発送しますので!!




************************************************************
スピードスケート専門店 Speed Star
店長     : 中山 久美
電話番号   : 050-5534-5640 
(不在の場合はメッセージを残しておいて頂ければ必ず折り返します)
メール     :  info@office-speedstar.com
お得な
メルマガ登録 : http://goo.gl/FRJPR
ブログ    :  https://speed-star20181107.blog.so-net.ne.jp/
ショップURL :  http://office-speedstar.com/
*************************************************************




コメント(0) 

スピードスケート | 本当にブレードが手に入らない、、、

メイプルの倒産の影響がすごいですね、、、
バイキングがメインの供給元になっていますので、
世界的に足りない状況が続いています。



後発のEVOですが、
ショートトラックではすでに大半の選手が使用しているのですが、
ロングトラックではまだまだ知名度が上がってきていません。
ブレードとしては素晴らしいブレードです。




EVOのシナジーのスペリオールというブレードはかなり素晴らしいです。
シナジーにはノーマルとスペリオールというブレードがあるのですが、
素晴らしいのはスペリオールの方です。




スピードスケートのブレードは1.1mmがほとんどです。
通常ブレードを作成するときは少し分厚くつくり、
表面を整えるためにバフ研磨をかけて仕上げます。
このバフ研磨代が「少ない」メーカーが多く、
表面硬度が低い仕上げになっていることが稀にあります。




メーカーからすると、材料費が高騰している中で、
「捨ててしまう」ことは極力避けたいという気持ちもわからなくもないです。




EVOのシナジースペリオールは、
暑さ1.3mmで作成して、
片面0.1mmを削り取るという贅沢な加工方法で作成しています。
表面硬度も非常に高いです。




これまでもブログの中で、
ブレードの側面の重要性は何度もご説明してきました。





1.1mmの上面ももちろん重要なのですが、
バンクしていますから、
ブレード側面の滑走性も非常に非常に重要です。




なので、ブレード側面の硬度及び、
仕上げの精度というのは記録に直結いたします。




今回のシナジースペリオールは側面硬度のレベルが
高いレベルでしたので、好印象でした。
ただ、歪の程度は他のサファイアやツインレーザーと
変わらないレベルでしたので、
こちらはまだまだだなと感じているところです。





まだまだというよりも、
機会精度の限界ですので、仕方ないのですが、、、




当ショップの究極のブレード加工は
側面の歪を極限まで均しますので、
硬度、歪除去、その両方が可能です。
完全手作業ですが、その精度は圧倒的です。




あまりにめんどくさい加工ですので、
我々も本音でいえれば「やりたくない、、、」ので、、、



ご質問等ございましたら、お電話でも深夜0:00まで受け付けておりますので遠慮なくご連絡いただければと思います。





************************************************************
スピードスケート専門店 Speed Star
店長     : 中山 久美
電話番号   : 050-5534-5640 
(不在の場合はメッセージを残しておいて頂ければ必ず折り返します)
メール     :  info@office-speedstar.com
お得な
メルマガ登録 : http://goo.gl/FRJPR
ブログ    :  https://speed-star20181107.blog.so-net.ne.jp/
ショップURL :  http://office-speedstar.com/
*************************************************************


コメント(0)